• 2019.04.09
  • FX
  • Comments Off on 海外FX|スキャルピングと呼ばれるのは…。

海外FX|スキャルピングと呼ばれるのは…。

システムトレードの一番の売りは、全局面で感情が入ることがない点だと考えています。裁量トレードを行なおうとすると、必ず自分の感情がトレードを進める中で入ることになると思います。
スワップポイントに関しては、ポジションを続けた日数分供与されます。毎日決められた時間にポジションをキープした状態だと、その時にスワップポイントが付与されることになります。
「デモトレードを実施してみて利益を出すことができた」と言われましても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで利益を得られるかはわからないというのが正直なところです。デモトレードというものは、はっきり申し上げて遊び感覚になってしまうのが普通です。
スプレッド(≒手数料)は、普通の金融商品を鑑みると、超低コストです。明言しますが、株式投資だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程は売買手数料を徴収されます。
為替の動きを予測する為に必要なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大切だと言われているのは「チャートの移り変わりを重視して、将来の為替の方向性を推測する」テクニカル分析の方だと考えます。

テクニカル分析をやる場合は、概ねローソク足を時系列に並べたチャートを使うことになります。外見上複雑そうですが、正確に読み取ることができるようになると、手放せなくなるはずです。
システムトレードでは、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが自動で「売り」と「買い」を行なってくれるのです。とは言いましても、自動売買プログラムに関してはトレーダー自身が選ぶわけです。
スキャルピングと呼ばれるのは、1取り引きで1円にも満たない微々たる利幅を追っ掛け、日々何回もの取引を実施して利益を積み上げる、一つのトレード手法なのです。
スワップポイントは、「金利の差額」だと説明可能ですが、現実的に手にすることができるスワップポイントは、海外FX会社に支払う手数料を差っ引いた金額ということになります。
現実的には、本番のトレード環境とデモトレードの環境を対比した場合、本番トレード環境の方が「トレード毎に1pips程度利益が減る」と考えた方が間違いありません。

スキャルピングをやるなら、少しの値動きで欲張ることなく利益を得るという心得が大切だと思います。「更に高騰する等という思い込みはしないこと」、「欲張る気持ちをなくすこと」が大切だと言えます。
同じ種類の通貨の場合でも、海外FX会社が変われば付与されるスワップポイントは異なるのが一般的です。公式サイトなどで丁寧にFX比較ランキングで比較検討して、なるべく高いポイントがもらえる会社を選択しましょう。
FX会社が獲得する利益はスプレッドによって齎されているのですが、例えて言えばスイスフランと日本円を売り買いする場合、FX会社はお客様に対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用するわけです。
スキャルピング売買方法は、相対的に見通しを立てやすい中期から長期にかけての世の中の変動などはスルーし、一か八かの勝負を間髪入れずに、かつひたすら繰り返すというようなものではないでしょうか?
海外FXにおける個人対象のレバレッジ倍率は、従来までは最高が50倍だったことからすると、「今現在の最高25倍は高くない」と考えている人が見られるのも当然でしょうけれど、25倍であっても想像以上の収入に繋げることはできます。



Related post


Ranking